• 名刺交換のビジネスマナーとは?名刺入れを利用する場合や複数人との交換時の順番・上司と自分どちらが先に渡すの?

名刺交換のビジネスマナーとは?名刺入れを利用する場合や複数人との交換時の順番・上司と自分どちらが先に渡すの?

  • View数View数72
名刺交換のビジネスマナーとは?名刺入れを利用する場合や複数人との交換時の順番・上司と自分どちらが先に渡すの?

ビジネスマンになると、さまざまなビジネスマナーを学ばなければいけません。名刺交換のビジネスマナーとは?名刺入れを利用する場合や複数人との交換時の順番・上司と自分どちらが先に渡すの?マナーの中でも名刺交換は、ビジネスマナーの基本となります。名刺交換をする時は、あなたと大切な方と初めて会うとても大切な場です。

次の仕事につながるように名刺交換で「この人と仕事がしたい」と、思ってもらえるように、名刺交換のマナーは熟知しておきたいですよね。名刺交換のビジネスマナーについて、正しい名刺交換の方法と注意点をご紹介いたします。

名刺交換のビジネスマナーとは?名刺入れを利用する場合や複数人との交換時の順番・上司と自分どちらが先に渡すの?の豆知識・情報名刺交換のビジネスマナーとは?名刺入れを利用する場合や複数人との交換時の順番・上司と自分どちらが先に渡すの?の豆知識・情報

ビジネスシーンでの名刺交換の重要性とは?

名刺|ビジネスマナー|テンプレート

名刺交換をする理由は

1.挨拶(自己紹介)
2.所属・立場を明らかにする
3.人脈をつくる

そして、名刺交換のメリットは

1.PRができるチャンス
2.責任感を意識する事ができる(名刺を交換することによって意識が高まる)

名刺交換は、上記のようにきちんとした理由やメリットがあります。

名刺は自分と相手の情報を交換できるとても重要なアイテムです。
きちんとした名刺交換ができないと、相手に思い出してもらうこともなければ、今後のお仕事に繋がらなかったという最悪なケースに至る事もあるほど、名刺交換のマナーは重要なのです。

名刺交換をする際にマナーを守ることで渡して「おしまい」になるケースを防ぎ、相手に良い印象を与えることができます。メリットを最大限に活用できるよう、しっかりと名刺交換のマナーを学んでおきましょう!

名刺交換のビジネスマナーの基本とは?

名刺交換のビジネスマナーの基本とは?

名刺交換で最低限知っておきたいマナーについてご紹介いたします。

名刺交換は基本的に立っておこなう

名刺交換のビジネスマナーの中でも基本中の基本。名刺交換は基本的に立っておこない、座っている状態でも、相手が入室したら必ず立ち上がって挨拶をしましょう。挨拶を終えてから、名刺交換があるのですぐに座らないように気を付けましょう。

名刺は名刺入れに入れておく

お財布やポケットの中に直接名刺を入れて、取り出すことはマナー違反とされています。名刺は必ず名刺入れに入れて、名刺入れから取り出して相手に手渡すようにしましょう。

名刺交換は自分から相手側に移動する

名刺交換でもやってしまいがちな間違いが、机越しに名刺交換を行ってしまうケースです。どうしてもテーブルを挟まないと交換ができない場合は仕方ないのですが、基本的には、自分から相手側へ移動して交換することがマナーとされています。

名刺交換の差し出す順番

名刺をどちらから差し出すのか、迷う方が多いようです。基本的には、年齢や役職は関係なく受注側から先に差し出すのがマナーです。お金をもらう方から先に差し出すと覚えておくと、覚えやすいでしょう。

名刺交換の流れと、それぞれの注意点について

実際に名刺交換をする際の流れと、それぞれの注意点をご紹介いたします。以下の流れは、お互い軽い挨拶が終わった後の名刺交換の流れです。

①名刺の準備
名刺は、現場に到着したらあらかじめ手元に用意しておきましょう。立ち上がり、挨拶が終わると名刺入れから名刺を取り出し、渡します。

②名刺を渡す
名刺を渡す際は、名刺を両手で持ち、相手に対して名刺が正面になるように差し出しましょう。名刺を持つ際には、文字が指と被ってしまわないよう気をつけましょう。

渡す際には「〇〇株式会社 〇〇部の〇〇 〇〇(氏名)と申します」と一言添えて、相手が差しだした名刺の位置よりも低い位置で差し出すようにしましょう。

③名刺を受け取る
名刺を受け取る際は、基本的に両手で受け取るのがマナーですが、お互いに名刺を差し出している場合も多いです。お互い右手で差し出して左手で受け取るようにし、受けとった後に、すぐに右手を添えるようにしましょう。

名刺を受け取った際にも一言「頂戴いたします、よろしくお願いいたします」と言えるとなお良いでしょう。

④名刺を納めるタイミング
名刺を受けとった後は、すぐに名刺入れにしまわないよう注意してください。立っている間は、名刺入れの上で持っておきますよう。座った後はテーブルの上に名刺入れを置き、名刺入れの上に名刺を置いておきます。

基本的には商談が終わりそうなタイミングで納めますが、それは相手に商談を終了する合図にもなってしまうので、名刺をしまうタイミングはその場の雰囲気によって判断することが大切です。

複数人と名刺交換をする際のビジネスマナーについて

複数人と名刺交換をする事も多々あるかと思います。名刺を差し出す順番などに気を付けなければいけません。

複数人と名刺交換をする場合の渡す順番について

例えば、自分一人に対して相手が複数人いる場合、あなたはあらかじめ人数分の名刺を準備しておき、一人ずつ渡しましょう。名刺交換の順番は、役職が上の方から順に交換していきます。

複数人の場合

1.相手の上司・自分の上司が交換をする
2.相手の担当者・自分の上司が交換をする
3.相手の上司・自分が交換する
4.相手の担当者・自分が交換する

このような順番で名刺交換を行いましょう。自社が他企業などから営業を受ける場合は、2と3が反対になります。

名刺交換をもらった後の置き位置について

これはマナーというより、分かりやすくするためのコツになります。

名刺をしまうタイミングまでは、名刺入れの上に名刺を置く事が基本的なマナーとなりますが、複数人いる場合、席の順に名刺を並べて置いておくと、顔と名前が覚えやすくなります。

複数人と名刺交換をする場合、名刺入れの上に置かなくてもマナー違反とはなりません。

名刺交換でやってはいけないこと

上記で紹介したこと以外にも、名刺交換でやってはいけないことがいくつかあります。

1.汚れている名刺・折れていたりよれている名刺を渡す
2.受けとった名刺をメモがわりに使用する
3.名刺を手で弄びながら話をする
4.受け取る際に、相手の会社のロゴの上に指を置く
5.受けとった名刺を忘れて帰る

細かいことですが、やってしまうと信頼を失ってしまう事もあるほど、失礼な事ですので、絶対にしてしまわないよう注意してくださいね!

名刺交換は基本的なビジネスマナーを覚えれば簡単

社会人になると、覚えなければいけないビジネスマナーがたくさんあり、分からなくなってしまう事もありますよね。ですが、覚えてしまえばその後のお仕事も円滑に進む事でしょう。

特に名刺交換のマナーは基本中の基本となりますので、しっかりとマスターしておきましょう!

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ