• 今すぐに対応したい!職場にいるキレるの特徴と対処方法

今すぐに対応したい!職場にいるキレるの特徴と対処方法

  • View数View数558
今すぐに対応したい!職場にいるキレるの特徴と対処方法

社会にはさまざまな性格の方がいます。

そして、その性格が故に周囲に迷惑をかけてしまう方も多いようです。

さて、そんな周囲を困惑させてしまう方のひとつが、“キレる人”ではないでしょうか。

もちろん、人間怒りを出すべき時はありますが、ちょっとしたことですぐキレるとなると話は別です。

本記事では、職場にいるすぐキレる人について解説していきたいと思います。

今すぐに対応したい!職場にいるキレるの特徴と対処方法の豆知識・情報今すぐに対応したい!職場にいるキレるの特徴と対処方法の豆知識・情報

すぐにキレる人は職場にいる

キレる人|プライドが高い|職場の人間関係対処法|テンプレート

職場と一口にいってもその種類はさまざまです。人数が少なく、全てにおいて穏やかな方もいますし、短気な方が集う職場もあるでしょう。

どちらにせよ、職場にはさまざまな性格の方がおり、それに対する対処をしっかりと続けないと業務に支障が出ることがあるので注意すべきです。

さて、職場にはさまざまな人がいると言いましたが、やはり比較的多いのがキレる人ではないでしょうか。

普通に冷静に怒ることができるシチュエーションでも、どうしても声を荒げてしまう。

そういった人たちがいると、驚いてしまう方も多いのではないでしょうか。

威圧感を与えてしまうだけでなく、その人の一挙手一投足に皆が神経を尖らせてしまうことからも、精神的に苦しい日々を送る方も出てくる可能性があるのです。

もし、職場にすぐキレる人がいた場合、できるだけは早い対処が必要になってくるのではないでしょうか。

すぐにキレる人の特徴とは?

すぐにキレる人の特徴とは?

すぐにキレる人は、生まれつきそういった人とは言い切れません。

もちろん、何らかの症状を持ち合わせており、それがキレに繋がってるのであれば別です。

しかし、そのほとんどはその人が歩んできた後天的な何らかに関連しており、それが要因ですぐにキレてしまうことがあるのです。

まず、すぐにキレてしまうような人がいた場合、その特徴や根本的な要因をしっかりと理解したウでの行動が必須です。

ここからは、職場ですぐにキレてしまう人の原因について考えていきたいと思います。

ぜひ、そちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

プライドの高さが原因

すぐにキレる人というのは、往々にしてプライドが高いといった特徴を持ちます。

プライドを持つことは大切なことですが、そのプライドが“頑固”といった要因に繋がるとかなり厄介です。

そして、職場にいるキレる人というのは、小さなことでプライドが傷つけられたと感じ、大きな声で怒鳴ってしまう傾向にあります。

例えば、同じ食事を用意したのに、自分の皿に入っている量だけ少ないといった場合を見ていきましょう。

一般的な方であれば、たまたま配膳の関係でそうなったと思うだけです。

しかし、プライドの高いキレる人は、“自分だけが少ない。バカにされている”と思い込み、そこでキレて怒鳴ってしまうのです。

悪意がないのにそんなことで怒鳴られては、周囲も困惑します。これが、こういった人たちの特徴のひとつといえるでしょう。

自分の考えが全て正しい

職場にいるキレる人の特徴を考える前に、全体的にキレる人の特徴を俯瞰してみましょう。

大体、こういった人は上記でもお伝えした通りプライドが高く、自分の思い通りにいかないことがあると怒り出します。

自分の思い通りにいかないことがイヤなわけですから、結局自分が考えていることが全て正しく、その思想が脅かされることで叫び正当化しているのです。

例えば、AとBといったやり方があった場合、その人がAが正しいといっているのに周囲がBといった場合、烈火の如く怒り出すといった流れでしょう。

“明らかにBではない。Aが正しいといっているのに、なぜわからないのか”といったように、他人の意見を聞くといった行動はせず、自分の正当性ばかりを主張するといった特徴があります。自分の考え方が正しく、世界はその思想で廻っている。

そういった思い込みをしている方が、比較的キレやすい傾向にあるのではないでしょうか。

自信がなく小心者

職場にいるすぐにキレる人は、基本的に自信がありません。

子どもと一緒で、大声を出して泣きわめくことで周囲が気を使ってくれるといった形で、キレれば周囲が守ってくれると思い込むのではないでしょうか。

それは、本当に問題視すべき事案です。

しかし、その裏には自分に自信がほとんどなく、大声を出していることで自分が認められていると思ってしまっている可能性があります。

さらに、周囲がおびえて自分の意見を通せるといったことも理解し、自分は強く周囲をコントロールしている。

そういった気持ちになっていないと、不安でたまらないのです。実際には自信がなく、とても小心者です。

だからこそ、キレることで現実を直視せず、周囲が全て悪いといった気持ちで生きるしかないといった形になっています。

すぐにキレる人への対処法は?

すぐにキレる人への対処法は?

すぐにキレるような人には、どのように対処すべきなのでしょうか。

まず、考えられるのが“味方であること”を伝えることです。

職場でキレる人はプライベートでも他人に迷惑をかけているかもしれません。

しかし、その人のプライベートまで是正する必要はないですし、干渉し過ぎです。ようは、職場ですぐにキレて人を困らせないことが重要ですので、まずは職場内だけでも落ち着いてもらえるように算段しましょう。

例えば、“いつも〇〇さんの味方ですので、何かあったらすぐに伝えてください”といえば、“自分は認められている”と思えるため少し態度が軟化することでしょう。

話合いをする際も、その人の意見を褒めながらも、少しだけ修正しながら答えに導くといった対応をすることが求められるかもしれません。

上司に相談して配置を変える

多くの人がその人がキレることに悩んでいる場合、皆で上司に相談すべきでしょう。

“仲良くやってくれ”といわれても、それがキレる人の行動でできない場合、業務に支障が出ます。そして、その業績が下がればその責任は上司が取らなければなりません。

こういった話をしっかりとすることで、上司がキレる人に事実を伝えてくれるでしょう。

まとめ

まとめ

職場には、すぐにキレるような人が必ずいます。

まず、すぐにキレてしまう背景を理解し、さらにその先の対処法をしっかりと実践できるようにしてください。

それが、職場で円滑に仕事を勧めるためのポイントになってくるのではないでしょうか。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ