• 簡単にわかりやすく解説!アウトソーシングとは?ビジネス用語の使い方と意味

簡単にわかりやすく解説!アウトソーシングとは?ビジネス用語の使い方と意味

  • View数View数65
簡単にわかりやすく解説!アウトソーシングとは?ビジネス用語の使い方と意味

簡単にわかりやすく解説!アウトソーシングとは?ビジネス用語の使い方と意味をご紹介。ビジネスにおいて、数多くの用語が日常的に利用されています。わからないではなく、その用語を理解し、自分自身でも活用していくことがビジネスマンに求められる時代です。

さて、そんな数あるビジネス用語の中でここでは、「アウトソーシング」を取り上げます。ビジネス用語「アウトソーシング」日本語の基本&意味や例文。さらに、うざいと思われない使い方など徹底解説していきたいと思います。

簡単にわかりやすく解説!アウトソーシングとは?ビジネス用語の使い方と意味の豆知識・情報簡単にわかりやすく解説!アウトソーシングとは?ビジネス用語の使い方と意味の豆知識・情報

アウトソーシングについて

意味|例文|ビジネス用語の意味|テンプレート

アウトソーシングとはどんな言葉なのか、わかりやすく解説していきます。アウトソーシングはビジネスでもよく利用される用語なので、しっかりと理解していきましょう。

アウトソーシングについてこれら項目にまとめてみました。

・アウトソーシングの意味と日本語
・アウトソーシングを利用するシーン
・アウトソーシングの簡単な例文

これらをそれぞれ解説していきたいと思います。

アウトソーシングの意味と日本語

ビジネスにおけるアウトソーシングを一言でいうと、日本語で「外部委託」と訳されます。また、「外注化」などとも呼ばれることがありますが、基本的に外部に何らかに業務を外注することをアウトソーシングと読んでいます。

アウトソーシングは、自社で何らかの作業を行う際の経費削減や難しい作業、合理化などを目的におこなわれるものです。アウトソーシングをおこなう事例は数多く存在しますが、わかりやすいところでいえばコールセンターなどがあります。A社が造る何らかの商品の受付やサービス説明、クレーム処理など、こういった業務を外部のコールセンター会社に委託するなどがアウトソーシングに当たります。

アウトソーシングを利用するシーン

アウトソーシングは、どのようなシチュエーションで利用されているのでしょうか。アウトソーシングは、主に二つのシーンで利用されることが多い傾向です。まずは、人材不足やコスト削減などです。

社員1人当たり、営業だけでなく資料をまとめたり、チラシをデザインしなければならない状況になったとしましょう。その際、営業だけで1日がほとんど終わってしまい、ほか作業をすると毎日徹夜といった状態になってしまうと問題です。

こういった時、資料を作成する業務やチラシデザインなど外注、つまりアウトソーシングすることで人手不足への対応や社員が営業に集中できるようになるわけです。

また、より質の高い仕事をするためにもアウトソーシングは使われることがあります。例えば、自社で作成したECサイトではデザインや顧客対応などのレベルが低く、売上アップにその改善が必要になったとします。自社社員では知識がなかったりクオリティが担保できない場合、アウトソーシングといった形でプロやコンサルを入れるといった使われ方もあるのです。

主に大量に何か製造したり、自社で社員がする業務の負担を軽減するなど、こういった場合にアウトソーシングが利用されている傾向です。

アウトソーシングの簡単な例文

アウトソーシングをする際、仮に社内で使う場合はこういった使われ方が一般的です。
「今回新発売する掃除機のキャッチコピーやデザインは、自社ではなく外部のプロにアウトソーシングしたい。どこか、こういった類いの仕事で実績のある企業はないか、探してみてほしい」などです。

また、逆にアウトソーシングをする側の企業や個人事業主に依頼する際の例文も紹介しましょう。
「〇〇様 いつも大変お世話になっております。株式会社〇〇の〇〇でございます。この度、弊社で新規事業を立ち上げることとなり、〇〇について知識の豊富な〇〇様のお力をぜひ借りて進んでいきたいといった決断にいたりました。つきましては、今回の件における詳しい内容を打ち合わせも兼ねて、〇〇で…」などが一般的でしょう。

アウトソーシングといった言葉は、あまり外注先に依頼する際は使わず、なぜその外注先に依頼することになったのかが簡潔に記載されていれば問題ありません。ちなみに、カジュアルに使うとしたら、「〇〇の文章、〇〇さんにアウトソーシングする?」といった形です。

アウトソーシングと下請けの関係性

アウトソーシングについてお伝えしてきましたが、下請けと何が違うのか…と思われている方もいるでしょう。たしかに近年、下請けといった言葉はあまり印象が良くないことから、アウトソーシングといった言葉と混合して使われていることが少なくありません。

しかし、厳密にはアウトソーシングと下請けは別の意味合いであることを覚えておかなければなりません。例えば、アウトソーシングを使った例で少し違うニュアンスになっているのがこういった使い方です。

「〇〇派遣会社から来ている〇〇さんには、営業部でアウトソーシングしてもらっています」とか「弊社のフライパンの取手は〇〇株式会社にアウトソーシングしています」などです。

アウトソーシングは、あくまでその発注している企業が抱える業務の一部を手助けしているような形であったり、求められている成果を挙げるための業務です。簡単にいえば、お弁当を配達するアルバイトを雇っているのは下請けに近いですが、その日だけ人手が足りないからフリーの配達屋に依頼するのはアウトソーシングといった形です。

わかりにくい部分ですが、アウトソーシングと下請けの距離感を間違えないようにしましょう。

アウトソーシングをうざいと思われずに使う方法

アウトソーシングをうざいと思われずに使う方法は、あまりアウトソーシングといった言葉を使い過ぎないこと。そして間違った使い方をしないことです。

何ごとにもアウトソーシングと伝えたり、下請けをアウトソーシングと使うなど、あまりズレている発言をするとうざがられてしまいます。ほどほどに要所だけ押さえ、アウトソーシングを使うようにしましょう。

アウトソーシングはこれからも増える

個人事業主や副業をする方が増えている今、アウトソーシングは増えていくことは間違いありません。そのため、アウトソーシングといった言葉を使う機会が増えていくことは十分に予想可能です。間違った使い方でなく、正しくアウトソーシングを使っていきましょう。

この豆知識・情報を携帯・スマホで見る携帯・スマホで見る

読み取り回数:0回

この豆知識・情報のキーワードこの豆知識・情報のキーワード

参考サイトURL参考サイトURL

この投稿者の他の豆知識・情報この投稿者の他の豆知識・情報

ページトップへ